未分類

デオシーククリームの正しい使い方【塗り方のコツやタイミングも画像付きで解説します。】

デオシークは購入したときに一緒についてくるパンフレットに、正しい・効果的な使い方が載っています。

画像

なので購入した方はこれの通りに使うのが一番です。

 

この記事では、

「デオシークを検討中だけど、使っているイメージがわかない。正しい使い方を知っておきたい。」という方のために、

  • デオシークの塗り方
  • 使う際にどんな手順を踏めばいいのかという全体像
  • 僕が実践している、パンフレットに載っていない効果的な使い方のコツ

について画像付きで分かりやすく解説しています。

オマケでボディーソープやサプリの使い方も!

基本的には脇を清潔にして塗るだけ。

とても簡単なのでぜひ参考にしてください。

なお、デオシークの口コミや僕が使ったレビューをこちらでまとめているので、参考にしてみてください。

 

デオシーククリームの効果的な使い方・手順を紹介

まずはデオシークを使う際の流れについて解説していきます。

全体像は以下の通り。

  • 手順1:塗る前に脇を洗ってなるべく清潔に
  • 手順2:適量(1プッシュ)を取る
  • 手順3:乾いた脇にクリームを塗って全体的に馴染ませる

 

順に見ていきましょう。

 

手順1:塗る前に脇を洗ってなるべく清潔にする

デオシークに限らず、この手のデオドラントアイテムを使う際には脇を清潔にさせておくのが超重要です。

 

朝起きたらなるべくシャワーを浴びるなどして石鹸で洗う。

もし時間がないならば最低でも水で軽くこするようにして洗う。(力強くやるのは肌に悪いのでNGです。)

外出中なのであれば、ウェットシートや汗拭きシートのようなもので優しく、確実にふき取るようにします。

もしデオシークのボディソープを持っているならば、それを使ってもOKだよ。

 

シャワーではなく脇だけに水を付ける場合・ウェットティッシュで拭く場合には、できるだけ広範囲を拭いた方が効果的な気がします。

脇の下の毛が生えている部分はもちろん、胸筋や肩の方まで拭いてみてください。

手順2:適量(片側1プッシュ)を指に取る

脇を洗うことができたら、次はデオシークボトルから適量を取ります。

適量は1プッシュ=片方の脇です。

なので、1回分(両脇に付ける)の使用量は2プッシュとなります。

1プッシュってこれくらい↓

画像

 

ただ、適量はあくまで平均なので、それぞれ自分に合った量がどれくらいなのかを考えながら使うようにするといいですね。

体が小さい人は1プッシュも出さずに足りるかもしれないですし、脇に毛が生えている方は多めにとったほうがいいかもしれません。

 

ただ、節約のためにあまりチビチビ使っていると効果が薄くなってしまうので気を付けてください。

 

手順3:乾いた脇にクリームを塗って全体的に馴染ませる

適量を手に取ったら、脇に塗って馴染むように広げていきます。

(デオシークは使ってみると分かりますが、結構スイスイ伸びていきますよ。)

 

基本的にはアポクリン汗腺がある毛穴部分を中心に塗ることになりますが、洗い方のところでも話した通り少し広めに塗るようにすると効果的かなと感じています。

(ちなみに、臭いのするポイントは左右対称なわけじゃありません。)

 

一点だけ注意点がありまして、それは塗る際に脇を乾いた状態にしておかなければいけないということです。

洗った後、あまり乾いていない状態でデオシークを塗るとあまり浸透しない可能性があるので、少し脇を空気に触れさせてから塗るようにしましょう。

乾いたティッシュやタオルで優しく水分をふき取ると◎

 

塗った後は1分もすれば乾くので、そしたら服を着てケア終了です。

 

デオシークの効果を持続させる塗り直しのやり方やタイミング【効果的な使い方】

以上がデオシークを塗る全体的な流れになります。

脇を清潔にして、適量取って、乾いた脇に塗る。

結構簡単ですよね。

 

次は、より効果を持続させるための使い方を解説していきます。

意識すべきポイントは次の2つです。

  • 夜寝る前に付けておくと◎
  • 長時間外出する際は、一度塗り直しをすると◎

 

夜寝る前に付けておくと◎

これはデオシークの公式の実験データがあるんですが、夜寝る前にデオシークを塗っておくと防臭効果が上がという結果が出ているんです。

 

実はワキガの原因菌は夜寝ている間に繁殖しやすいらしく、そのため夜寝る前に塗っておくと繁殖が抑えられる。

つまり次の日は清潔な状態からスタートできるということなんです。

 

以下はデオシークの実験結果です。

朝2プッシュずつするよりも、夜・朝で1プッシュずつ(計2プッシュは同じ)の方が日中の臭いが少なかったという結果になっています。

画像

 

長時間外出する際は、一度塗り直しをすると◎

デオシークは基本的には塗り直しは不要とされていますが、個人的には朝塗っただけだと夜まで持続させるのは難しいかなと感じています。

この手のデオドラントで塗り直しが完全に不要なものは無いと思う。

なので、できれば昼に一度トイレなどで塗り直しをすると効果的です。

 

塗り直しのやり方はさっき説明した通り、ウェットティッシュや汗拭きシートで脇を拭く➔乾かす➔デオシーク塗るという流れになります。

人によっては薄く塗り直しするだけで持続する場合もあると思うので、節約も考えつつ適量を探してみてください。

 

塗るタイミングの話をまとめると、

  • 最低でも1日2回(朝・寝る前)に塗る
  • 長時間外出する日はできればもう一度塗り直ししたほうが良い

という感じですね。

 

逆にデオシークを使う際にやってはいけない間違った使い方も解説しておきます。

ここまではデオシークの正しい使い方に関して話してきましたが、次は逆にやっていはいけない間違った使い方を解説しておきます。

 

  1. 香りの強い汗拭きシートを併用する
  2. 塗る量が少なすぎる
  3. 既に臭いが染みついた服を着る

ダメな使い方をしてしまうと、効かなかったり悪化の原因にもなってしまうので、しっかり確認しておきましょう。

 

間違った使い方①:香りの強い汗拭きシートを併用する

デオシークを塗る前に肌を清潔にしようという話を何度もしてきましたが、この時に香りの強い汗拭きシートを併用するのはやめた方が良いです。

というのも、ワキガの臭いと香料が混ざり合って、より強い独特な臭いを発してしまう可能性があるんです。

香水とかも気を付けた方が良い。

 

デオシークは殺菌によって臭いを消してくれるものなので、香りを上書きする必要はありません。

できるだけノンアルコール・無香料のシートを使うようにしましょう。

 

間違った使い方②:塗る量が少なすぎる・多すぎる

デオシークはそこらの市販品より高いので、できるだけ節約して使いたくなってしまいますよね。

ただ、その気持ちが強いがあまりケチケチと使っていると、量が足りなく効果が実感できないということがあります。

 

ちょっと塗り直しをする際にはたしょう少なめでもいいかもしれませんが、朝出かける前はしっかりと適量を塗るようにしましょう。

逆に塗りすぎると薬用の香りが強くなってしまうので良くないかなと思う。

 

また、脇に毛がある方だとどうてもうまく肌に浸透しない可能性があるので、少し多めにしっかりと塗りこむ必要があります。

 

正しいわき毛処理の方法

念のため、正しい脇毛処理の方法を解説しておきます。

  1. まずはハサミでわき毛をカットする
  2. 脇と剃刀の刃を温める
  3. 脇と刃にシェービングジェルを塗る
  4. 毛が生えている向きに逆らわないように剃る
  5. 剃り終わった後は必ず保湿する

正しい剃り方=脇の皮膚を傷めない剃り方です。

皮膚を傷めてしまうと乾燥の元になり、そこから菌が繁殖、ワキガ臭が悪化ということになりかねません。

なるべくダメージを与えないようにして、終わったら必ず保湿をするようにしましょう。

 

間違った使い方③:既に臭いが染みついた服を着る

これはデオシーク自体の使い方とはちょっと違いますが、「デオシークを塗っても臭いが消えない」という原因の一つに、そもそも服にワキガ臭が染みついてしまっているというものがあります。

脇ではなく服が臭い!というパターンだね。

 

こういった場合はいくら脇にデオシークを塗っても改善しないので、服や下着を変えるなどの対策を取りましょう。

 

特にヒートテックなど、ポリエステル(化学繊維)の服の場合を着ている場合は注意が必要です。

繊維に臭いが付いてしまうんですね。

なので、本気で対策をしたい方は天然繊維(シルク・コットン・麻)のインナーを使うようにすると効果的です。

吸水性・通気性が良いからね!

 

デオシークをデリケートゾーンに使用する際の正しい使い方

ここまではデオシークを脇に塗る方法話してきましたが、デリケートゾーン(スソガ・チチガ)への使い方も合わせて紹介しておきます。

とはいっても、流れは全く同じく清潔にして、乾かして、塗るです。

 

  • 乳首への塗り方:0.2プッシュくらいとって乳輪やその周辺に伸ばす
  • 陰部(VIO)への塗り方:1プッシュとってIラインとその周り・脚の付け根に伸ばす

というイメージです。

アポクリン汗腺のある場所はいずれにしても毛根なので、上記の範囲の毛根部分に塗るようにしてみてください。

ただ、陰部に関しては人によって気になるポイントや範囲が変わってくるから、自分に適した塗り方を研究してみてね。

 

また、デリケートゾーンの場合は塗る前に薄く塗って様子をみてから(=パッチテストをしてから)が良いと思います。

 

デオシークの使い方に関するよくあるQA

以下、デオシークの使い方に関するよくあるQ&Aをやって終わりにしようと思います。

 

Q1:デオシークの使用期限はどれくらいですか?

A:開封後1年です。

さすがに1年もあれば使いきれないということはないので安心ですね。

ちなみにデオシークはボトル内が真空になっているので、菌が入ってダメになってしまうということもありません。

 

Q2:デオシークボディソープとサプリメントの使い方は?

念のためボディソープとサプリメントの使い方にも触れておきますが、基本的には普通の使い方でOKです。

 

ボディーソープは普通にお風呂に入って、付属のボディウォッシュタオルでよく泡立ててから使います。

一応デリケートゾーン用となっていますが、僕は分けるのめんどくさいので全身を洗っちゃっています。(笑)

 

サプリメントはデオシークに限らず、食後に飲むのがベストタイミングだと言われています。(僕は夕食後に飲んでいました。)

水かぬるま湯で飲む用にしましょう。

ただ、個人的にはこれらはそこまで効果を実感していないから、ぶっちゃけ適当でいいと思う。

-未分類

Copyright© 【デオシークの口コミ】ワキガの消臭効果・持続時間は本当か、実際に試して検証してみた , 2019 All Rights Reserved.